2020年10月10日

空き家を活用した「としま・まちごと福祉支援プロジェクト」連続ワークショップ 一緒に暮らす新しい住まい方「安心・助け合いの家で暮らそう」


実在するセーフティネット住宅 共生ハウス西池袋の模型を活用しながら、空き家再生のプロセス・入居者のニーズ・住まい方、生き方など一緒に考えましょう。

ワークショップの講師を務めるのは、30年以上にわたって雑司が谷地区や池袋南地区のまちづくりに携わってきた一級建築士の小野加瑞輝(おのかずき)さんです。

参加料は無料です。

【第一回:生活のイメージ】
10月23日(金) 10:00〜12:00
参加者の皆さんの交流を深め、建物の模型を見ながら新しい住まい方のイメージを膨らませます

【第二回:大切にしたいこと】
11月17日(火) 10:00〜12:00
これからの生活では何を大切にしたいですか? 参加者と一緒に考えます

【第三回:一緒に暮らす】
令和3年1月13日(水) 10:00〜12:00
一緒に暮らす部屋はどんな部屋? 建物を改修して暮らすときの間取りを考えます

【第四回:新しい生活】
令和3年2月18日(木) 10:00〜12:00
一緒に暮らす家の模型をつくります。それを見ながら新しい生活をイメージしてみましょう

Copyright ©2012 Institute of Community Association Network LTD. All rights reserved.

ページの先頭へ
電話でのお問い合わせ0120-352-350/インターネットからお問い合わせ
一般社団法人コミュニティネットワーク協会Facebook